インタビュー05

ソフトウェアの技術は日進月歩。
自ら考え、学ぶ意識が必要です。

実力主義の努力家エンジニア

Tsujino

ディアシステムってどんな会社ですか?

業務内容としてはお客様の会社に常駐し、依頼されたプログラムの作成やテストを行ったり、システムの運用を手伝ったりします。
また、フリーランスや他社の技術者の方をお客様に紹介したりもします。

私は入社して早くから客先で働いているため、社内の雰囲気などはお伝えできませんが、年に数回は会社全体での集まりがあり、社員旅行もあるため社員同士での交流はそれなりに出来ます。

お客様の会社で働くということは、一定期間で職場が変わることになるため、色々な環境で働くことができます。
通勤手段の変化や規則の違い等、少し煩わしく感じられる部分もあるかもしれませんが、環境が変化することによって得られる刺激はあります。

新しく入社される社員に求めるものは何ですか?

自ら考え、学ぶ意識があると良いです。
ソフトウェアの技術は日進月歩なので、日々の業務を通じてその都度、必要なことを覚えていけば良いというわけではなく、 積極的に技術習得していく必要があります。
また、広く使われている技術を身に付けておくことで業務の幅も広がり、仕事を得る機会も多くなります。

他には、お客様の会社で働く上で、求められていることを読み取り、それに適した行動ができるように心掛ける必要があります。
周囲と常に意思の疎通をとって認識を合わせながら仕事を進めていくことになるため、論理的かつ分かりやすい会話が出来る事が求められます。

就職活動中のみなさんへメッセージ

お客様によって業務内容はもちろんですが、求められていることも変わります。
技術は日々進歩していますが、必ずしも新しいことばかりを求められるわけではありません。
昔から使用している技術を継続して使っているところも多いです。

製品作りに携わる場合は自分が作った成果が見えやすいですが、業務内容次第では成果が見えづらいと感じることがあるかもしれません。
プログラミングも一種のものづくりなので作る楽しさはありますが、自分が作りたいものを作るのと、お客様から求められているものを、工数や費用を考慮して適切な形で実現させるのとでは異なります。

自分がどんな仕事をしたいのか、どんな働き方をしたいのか、就職活動をしながら何となくでも良いので見極めていってください。
そしてそれに近い事が出来る会社に就職できるよう頑張ってください。


他のインタビュー