インタビュー02

やる気を出してその気持ちをぶつければ何事も乗り越えられると思います。

入社2年目新人プログラマ

Kametani

学生時代に打ち込んだこと

私が学生時代に最も打ち込んだことは部活で入部したバドミントンです。
高校の時までは陸上部に入部していたのでバドミントンは初心者でスタートしました。
入部した理由は勉強の息抜きでしたが、初めての試合で負け、それが悔しかったのがきっかけで練習を頑張りました。
最初は上手くいきませんでしたが、練習に励むうちに出来なかったことも出来るようになってきました。
その結果、試合で勝つことが増え楽しく打ち込めたと思います。

私は自分に向かないと思ったことからは逃げてしまう癖がありましたが、
これを通じて挑戦する楽しさを知ることができました。

社会人になって苦労していることや楽しいこと

一番苦労していることは勉強です。
仕事でわからないことが日々増えていくので、それに関する勉強をすることに一番苦労しています。
仕事に関すること以外でもしたい勉強があるので時間が足りません。
どの業界でも同じと思いますが、仕事で分からないことが多い場合、業務に支障をきたすので精神的につらいですが、
勉強をして理解が深まると仕事をやっているという実感が湧き楽しくなりました。
まだまだ出来ないことが多く、学ぶべきことが多くて勉強中の身ですが自分磨きを怠らず
会社に貢献できるよう現在も頑張っています。

休日の過ごし方

私は休日勉強もしますが、休憩中はアニメを鑑賞したり読書したりして楽しんでいます。
私の友人が休日の時は一緒に食事をしてまったりと過ごしています。

日課にしてること

ほぼ毎朝ランニングを30分程度やっています。
朝は空気がおいしくてランニングすると気分がよくなるので、出来るだけ欠かさずやっています。
中でも冬のランニングは朝ランニングといっても暗いですが走っているうちに明るくなってくるので夜から朝になっている実感があり一番好きです。

就職活動中のみなさんへメッセージ

私はプログラミングほぼ未経験の文系でIT業界に入りましたが、毎日充実した日々を送ることが出来ています。
なので、プログラミング未経験で不安という方でも挑戦をしても大丈夫だと思います。
IT業界は勉強量がほかの業界と比べて多いですが、やりがいがあり楽しい業界です。
私は大学3年生の時にプログラミングを始め、IT業界でやっていきたくなりITの基礎知識を勉強しました。
他の人よりスタート地点は遅かったと思いますが、やる気を出してその気持ちをぶつければ就職活動を上手く乗り越えられると思います。

就職活動は自分の向き不向きや性格等を自己分析して自分に合う会社を見つけなければいけないので大変だと思いますが頑張ってください。
もし、ディアシステムに入社することになれば一緒に頑張っていきましょう。


他のインタビュー